引きこもりになる原因は一体

学生のみならず大人でも引きこもりになることが多いのですが、そもそも引きこもりになる原因とは何なのでしょうか。
まず学生の場合はいじめなどが原因になることが多いのです。学校に行きますといじめを受けますが、自宅は安全地帯ですのでいじめられる事はありません。
段々といじめられる学校に行くのが苦痛になり、次第に休みがちになり家から出られなくなってしまうのです。いじめが原因で外に出るのが不安になってしまうからです。
そして社会人の場合には社会の厳しさについていけなくなってしまったことが原因で引きこもりになることがあります。
一般的には引きこもりというものは本人が弱いからなってしまうと思われてしまいますが、その要因は社会にもあるのです。
厳しさというのは単なる仕事の上での厳しさであればまだ我慢できるところが、理不尽な目に遭ってしまったり自分の頑張りが評価されなかったり嫌がらせを受けてしまったりそのようなことが要因で社会に出るのが怖くなることもあります。
何かトラウマを抱えているからこそ引きこもりになっているのです。
何も要因なくたださぼりたいからという理由でなっているのではありません。
たまたま自分の環境が悪かったことが要因で人生を無駄にしてしまうこともあります。
人間関係をうまく構築できなくなってしまうのが大きな要因としてありますが、これは解決することもできるのです。
人に対するトラウマをなくしてください。
そのためにまずはボランティアなどをしてみるのも方法です。
ボランティアの場合はお金をもらわずに活動をしますので人に喜ばれることが多くなります。
これをきっかけに人に対する不信感などが払しょくできる場合も多いのです。
すぐに乗り越えられないのであれば時間をかけてじっくりと解決をしていくようにしてください。
あと引きこもっても生活ができる家庭環境というのも一つの要因になります。
ですのでせっぱつまると引きこもりから脱出できる精神力が出来ることも少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です