人とのコミュニケーションがとれない

引きこもりの多くは人とのコミュニケーションをとることができずに、社会に馴染めずに引きこもってしまうことがよくあります。
このようなタイプの人達は決して周りの輪を乱すようなことをすることはありませんが、自己主張に乏しいタイプの人達が多いため周りの人からは何を考えているのかわからないと思われ、低い評価をされがちです。
しかし、引きこもりになるような人たちというのはそのような周りの目に敏感ですから、まわりからどのような目で見られているのかというのはよくわかっているのです。
周りからの視線を理解していても、自己主張に乏しいためその状況をどうやって乗り越えていけばいいのかわからずに、学生であれば登校拒否をするようになり、大人であれば出社拒否をするようになり段々と社会から離れ一人の世界に入り込んでいく内によりいっそう人とのコミュニケーションをはかることができないようになってしまい、最後には完全に引きこもりになってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です